Emily Blunt is Black Widow : ライバルのスカーレット・ジョハンソンを下して、ブラック・ウィドウに起用されたのに、プラダを着た悪魔の呪いによって、降板するハメになったエミリー・ブラントのマーベル参戦が実現していたならば… ? ! というディープフェイクのビデオ ! !

By Billy - 9/22/2020


ブラック・ウィドウのナターシャの役は「ナターシャの歌に」のナターシャのエミリー・ブラントが起用されて、演じるはずでしたが…


そのテレビ映画が放送された2006年当時はまだ駆け出しだったエミリーが、その直後の出世作「プラダを着た悪魔」(2006年)に出演するにあたり、製作・配給の当時の20世紀 FOX との間で、複数本の映画に出演する事前契約を結んだことが仇となり…、

「アイアンマン2」の女刺客ブラックウィドウこと悪女ナターシャ・ロマノフを演じるのは、「ナターシャの歌に」のナターシャ=エミリー・ブラント?! | 旧 CIA☆こちら映画中央情報局です


「アイアンマン」の第1作め(2008年)が大ヒットになって、勢いづいたライバルのパラマウント映画の足を引っ張るべく、ジャック・ブラック主演の「ガリバー旅行記」(2010年)に出演しろ!!と、FOX から強制されたことで…、

「アイアンマン2」がまたピンチ!!、女刺客ブラック・ウィドウのエミリー・ブラントまで降板の可能性大で、役者が過疎ってそろわない!! | 旧 CIA☆こちら映画中央情報局です


同コメディと同時期撮影の「アイアンマン 2」(2010年)参戦を断念せざるを得なくなった映画史上最低最悪の降板劇のひとつが、もしも、回避されて、エミリーがブラック・ウィドウを演じることが出来ていたならば、シネマティック・ユニバースはどんなイメージだったのか…?!

Emily Blunt is Black Widow


…を、イギリスのディープフェイカーの Shamook さんが実現してくれました…!!


セクシーすぎる…という美貌が災いして、オーディションに落ちたばかりか、ブラック・ウィドウらしくない…と、マーベル・ファンから罵られるブーイングを食らっていたスカーレット・ジョハンソンは、そのマーベルとファンの目は完全に間違いだったことを証明して、不合格の烙印を押された役を当たり役に変えた映画史上のミラクルを達成したわけですが…、

「アイアンマン2」の女刺客ブラックウィドウ役をスカーレット・ヨハンソンがタダ同然のギャラでものにしやがったッ!! | 旧 CIA☆こちら映画中央情報局です


エミリーはいずれ何かの役で、絶対にマーベル・シネマティック・ユニバースに登場してほしい!!と願います…!!

それにしても、スゴい大先輩のふたりからブラック・ウィドウを引き継ぐことになる見込みのフローレンス・ピューは大変な仕事を引き受けたことになりますね…!!

スカーレット・ジョハンソンの後継者としての活躍が期待されているブラック・ウィドウ2号のフローレンス・ピューのトップスのトレカ‼️ | Billy's Journal



  • Share:

You Might Also Like

0 comments

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。