Tenet : 観客が集団感染するかも…を承知のクリス・ノーラン監督が、あえて今夏の新型トランプ公開にこだわる謎のスパイ・アクション映画「テネット」の上映時間が伝えられた‼️

By Billy - 7/14/2020


国や地域によって、感染の事情は異なりますが、ホワイトハウスの失策が感染を拡大した感のある…


感染大国の本国アメリカの映画ファンは、できれば映画館に出かけたくないので、来月8月12日の新型トランプ公開をやめてほしい…と、封切りの延期を願っているクリス・ノーラン監督の「テネット」の内容を審査した韓国の映倫にあたる KMRB が、12歳以上から視聴可能の作品と位置づけ、上映時間を約2時間29分59秒と公表しました。


もしも、約2時間44分の「ザ・ダークナイト・ライズス」(2012年)や、約2時間49分の「インターステラー」(2014年)のように、3時間に近い長尺だったら感染リスクが高まるから、あきらめよう…と思っていた人にとっては、やや安堵かもしれませんが…、

Related: 映画館に出かけて、映画を観るのは新型トランプに感染する凖最高レベルに近い危険行為ですから、おやめくださいと、テキサス州の医師会が警告‼️😔 | Billy's Journal


「メメント」(2000年)=約1時間53分や、「インソムニア」(2002年)=約1時間58分、そして、「ダンケルク」(2017年)=約1時間46分のように、2時間を切る作品であれば…と思っていた人には…、


ちょっと不安かもしれない約2時間半の「テネット」は、恐らく似たタイプの SF 映画だろうと憶測されている「インセプション」(2010年)の約2時間28分とほぼ同じのピッタリに近いほか、「バットマン・ビギンズ」(2005年)=約2時間20分、「ザ・ダークナイト」(2008年)=約2時間32分あたりと同程度の尺となっています。


よって、クリス監督の作品としては、ちょうどよい観やすさの上映時間のようにも思われますが、新型ノーラン感染を懸念している人たちは、今夏の劇場公開版は少し短くして、「ザ・プレステージ」(2006年)=約2時間10分ぐらいに詰めてほしい…と思ってしまったかも…?!


映画ファンと同様に今夏の新型トランプ公開を見送って、来年2021年の封切りに延期させてほしい…と求めた製作・配給のワーナー・ブラザースに対して、もはや、映画がヒットするか、どうか?!の問題ではなく、赤字を出してもいいから、存亡の危機にある映画館を救うために、どうしても絶対に今夏の封切りでなければならない…と突っぱねたらしいクリス・ノーラン監督は…、

Photo Credit: © Warner Bros. All Rights Reserved.

映画ファンの観客のことを考えていない…と、痛烈に批判されていますが、さて、約2時間29分59秒の「テネット」は無事に感染者を出さずに興行を全うできるのか、それとも集団感染を起こして、各地の映画館の再封鎖を招く致命傷を負わせる逆効果になるのか…?!、とりあえず、この夏に映画館にお出かけになるのはおやめになられたほうが…とは書き添えておきます…。


  • Share:

You Might Also Like

0 comments

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。