【Spoiler】Captain Marvel - The Art of the Movie : 【ネタバレ注意】来たる週末に全米で公開のマーベルの戦うヒロイン映画「キャプテン・マーベル」の世界を紹介した豪華本に掲載されていた驚きのコンセプト・アート ! !

By Billy - 3/04/2019


えッ?!、これって「アベンジャーズ : エンドゲーム」と「スパイダーマン」シリーズ第2弾「ファー・フロム・ホーム」のネタバレにもなるのでは?!


全米の書店で、明日の火曜日の3月5日に発売される「マーベル’ズ・キャプテン・マーベル : ジ・アート・オブ・ザ・ムービー」を、どうやら、イチ早く手に入れたらしい sergioprism さんが紹介してくれたコンセプト・アートです!!、ご覧のように…、


サミュエル・L・ジャクソンが演じるニック・フューリーは、実は地球人ではなく、エイリアンのスクラル人だったの…?!というイメージになっているわけですが、果たして、この展開は実際の映画に盛り込まれているのか…?!、疑問せずにはいられないのは…、



キャプテン・マーベル」の物語の舞台は過去の90年代だけに、同映画中のニック・フューリーは若くて、まだ髪があり、アイパッチもしていません。それなのにコンセプト・アートのニック・フューリーは、現代の「アベンジャーズ」シリーズに登場する姿をしています…。よって…、


これは没になったアイディアのコンセプト・アートであり、当初の設定では「キャプテン・マーベル」には現在のニック・フューリーが登場するはずだったのか…?!とも考えられますが、もしかすると同映画の展開を通して、そもそもの地球人のニック・フューリー本人と、彼に化けたエイリアンのスクラル人が入れ替わってしまうことになるのか…?!とも考えられます。だとすると…、


これまでのシネマティック・ユニバースで観てきたニック・フューリーは、実はず〜っとエイリアンだったの?!ということになって、世界観が一変し、冒頭のように、これから封切られる「アベンジャーズ : エンドゲーム」(4月26日世界公開)や、「スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム」(7月5日全米公開)に登場するニック・フューリーもエイリアンだ!!ということになってしまいますから、ひょっとすると、今後の同キャラの立ち位置や描かれ方は、以前とは違うのかもしれません…?!


もちろん、単に一時的にスクラル人がニック・フューリーに化けるだけであり、その変身はすぐに見抜かれてしまう…といった展開の可能性もあるわけですが、しかし、どうして、コンセプト・アートのニック・フューリーは、「キャプテン・マーベル」に登場する過去の若ニック・フューリーではないのか…?!、このコンセプト・アートの謎はもう間もなくの今週末の3月8日に「キャプテン・マーベル」が全米で封切られると、すぐに答えが明らかになるはずですが、さて、どういう意味を持っているものなのか?!、CIA リーダーのコミックヒーロー映画ファンのみなさんは、どのような考えをお持ちになられたでしょう…?!


  • Share:

You Might Also Like

0 comments