Bryan Singer’s Red Sonja Put on Hold :「ボヘミアン・ラプソディ」が絶賛されるも、性犯罪スキャンダルの渦中におちいったブライアン・シンガー監督をあえて起用する戦うヒロイン映画「レッド・ソニア」の製作中止が決定 ! !

By Billy - 2/11/2019


20世紀FOXが絶縁を決め、社内の同監督オフィスを閉鎖して、追放したのを受け、「X-Men」の人気監督を起用したミレニアム・フィルムズでしたが…、


その「エクスペンダブルズ」シリーズや、新しい「ヘルボーイ」(4月12日全米公開)で知られる同社が、今年2019年中にブルガリアで行う予定だった撮影を取りやめて、「レッド・ソニア」の企画を保留にしたことを、業界メディアの Deadline を通じて、明らかにしました…。



ブライアン・シンガー監督が過去に行ったとされる未成年の少年らに対する性的イタズラについて、一連の告発はウソのデッチ上げのフェイク・ニュースと見なし、同監督を擁護していたミレニアム・フィルムズですが、同社代表のプロデューサー、アヴィ・ラーナー氏が前言を翻し、被害者の声は真剣に受けとめられなければならないこと、そして、SNS 上での裁きではなく、法廷で審判が下されることを望む…といった主旨のコメントをしたことからすると、さすがに同監督を起用するのは無理…と諦めたものと思われます。


ロバート・E・ハワードのヒロイック・ファンタジー小説「コナン」シリーズをもとにしたコミックからスピンオフした「レッド・ソニア」は、スタローン隊長の元妻ブリジット・ニールセン主演の映画が、1985年に封切られたほか、「アリタ : バトル・エンジェル」が今週木曜日の2月14日から全米公開のロバート・ロドリゲス監督が、かつての婚約者の片足マシンガンガールのローズ・マッゴーワンさんを主演に起用して、映画化の企画を進めるも、実現にまでは到りませんでした…。

ロバート・ロドリゲス監督とローズ・マッゴーワンのエロ・ファンタジー映画「レッドソニア」がポスターとTシャツを初公開!! | 旧 CIA☆こちら映画中央情報局です

なお、「ワンダーウーマン」の人気に便乗することを目指していたミレニアム・フィルムズは、主人公の戦うヒロイン、レッド・ソニアを演じる女優の人選までは進めていなかったそうですから、監督を代えて、即座に再スタートではなく、当面は保留の棚上げになってしまうかもしれませんね…。



  • Share:

You Might Also Like

0 comments