in-Box : Amazon Prime の「カーニバル・ロウ」は面白かったです ! ! 📬 from Shunsuke Hata

By Billy - 9/04/2019


長年のおつきあいの常連のご愛読者の Shunsuke Hata さんが、「カーニバル・ロウ」の感想をメールしてくれたので…、

CIA のメールの受信箱の中身を紹介する in-Box を、10年ぶりぐらいに復活してみました!!、自分の感想や作品も紹介してほしい!!という読者の方は、Facebook の Messenger を利用して、メールしてください!!



ビリーさん、Amazon Prime ドラマ「カーニバル・ロウ」全8話観終わりました!
ネタばれ無しで感想をいうと…面白かったです!

妖精やらの異種族と人間が…という設定で、オーランド・ブルームつながりの指輪物語的かな?と思ったのですが、ダークファンタジーよりのスリラー?といった趣きでした。
舞台は架空の国ですが、中世のイングランドをイメージしているのか、オーランド・ブルームもガチガチのブリティッシュ英語でまるで…ジョン・ス〇ウ(笑)


序盤は妖精のカーラとオーランドの過去が明らかになるのと同時に、現在のお話が複数の登場人物に分かれて描かれ、正直4話めまでは話し広げすぎ!、収集つくのこれ?と思ってみていたのですが、若干急ぎ足間はあるものの、とりあえず最終話までに風呂敷は畳めている(ほぼ)ので観終わった感想としては、シーズン2が楽しみな作品ではあります。

ただ少々、性描写が直な場面や、グロテスクなシーンも多いため、苦手な人はちょっと…かもしれません(デル・トロ監督節ならもっと、こっちが赤面するように描けるのでしょうけど、直球でした…)。


カーラ・デルヴィーニュが好き!な人には、とにかく彼女に惚れ直してしまうぐらいキュートでカッコイイ!、妖精・フェイを観るのだけでもいいかなと思います。




Photo Credit: © Amazon Studios. All Rights Reserved.


  • Share:

You Might Also Like

0 comments