Facebook removed this photo as violating community standards : マーク・ウォールバーグ主演の実話コメディの感動作「インスタント・ファミリー」のご覧の写真を、Facebook が、コミュニティのガイドラインにふれる反社会的なイメージとして削除したことについて…。

By Billy - 11/14/2018


どうして、CIA は、Extra=余分の…というサイトを余分に作ったのか?!の理由につながる Facebook の暴走?!です…。

先頃あったアメリカの中間選挙に絡んで、またぞろフェイクの嘘ニュースや、非人道的な発言などが拡散することを恐れて、警戒を強めたのかもしれませんが、全米で今週末に封切られる新作映画のうち、映画ファンが最も観逃してはいけない感動作と思われる「インスタント・ファミリー」の写真を、Facebook のヘッダーのイメージにしたところ、コミュニティのガイドラインにふれる規約違反の写真として、一方的に削除されました…。


そればかりか、Movie Shopper's Guide のページでは、「新造人間キャシャーン」のスタチューの写真も、どうやら、反社会的なものと見なされたらしく?!、コミュニティのガイドラインに反している規約違反とお叱りを受け、一方的に削除されました…。


「インスタント・ファミリー」の写真については、再挑戦をして、2回めのアップをしたところ、特にお叱りはなく、ヘッダーのイメージとして、ふつうに利用することができたから不思議です。

お色気美女の水着の写真や、ホラー映画のちょっとグロい写真ならまだしも、家族が仲よく、一緒にデザートを楽しんでいる微笑ましい光景の写真が、どうして、コミュニティのガイドラインを侵した反社会的なイメージなのか?!、Facebook の判断のモノサシについては、まったく、わかりません。

CIA はこれまで10年近くにわたって、毎週のはじめには、来たる週末に全米で封切られる新作映画の紹介文を Facebook のタイムライン上に投稿し、そのうち最も注目の作品の写真をヘッダーのイメージとして掲げてきました。しかしながら、最近になって、新作映画の紹介文は、ほぼ必ずと言っていいほど、「規約違反」としてお叱りを受け、一方的に削除されるようになってしまいました…。

とうてい反社会的とは思えない写真や、新作映画の紹介を Facebook が削除するのは、取りも直さず、同社が投稿の内容を監視するために利用している人工知能の AI の誤作動に他ならないものと憶測しています。

だったら、その都度、Facebook に対し、規約違反の指摘と処罰は誤りでは?!と問い合わせをして、誤解を解けば、よいのですが、しかし、その無駄な手間のために払う時間が、CIA にはありません。かと言って、せっかく大勢の方がフォローして下さっている Facebook のアカウントを失いたくもありません。

言わば無差別的に投稿を「規約違反」とする恐れのある Facebook のタイムラインには、これまでのように、ちょっとしたお笑いの小ネタの写真や動画、映画の記事に補足する情報などをアップするのは、下手をすれば命取りのリスクを伴うため、もう出来かねます。

かと言って、そうした余分=Extra の追加を、あらためて、CIA の記事として仕上げるだけの手間ひまをかける余裕もありませんから、ほかの SNS を…とも考えましたが、Google + も来年2019年の夏には終わってしまうため、別に自前で場所を設けるしかない…と考えた末に出来たのが、この Extra です。

CIA は記事のコンテンツに応じて、本丸のメインの CIA Movie News と、いわゆる B 面の B-side of CIA Movie News とに分かれているばかりか、さらに追加の第 3 のサイトも準備しています。

そのため、どうしても、そうした複数に分かれたサイトの更新を、ひとつの場所で、まとめて知ることが出来る仕組みがなければ、不便になってしまうのですが、しかし、人々が寄り集まる中間的な場と言える SNS が普及をしたことから、そこに各サイトの記事へのリンクを集約し、さらに余分=Extra の小ネタもアップしていくことで、サイト分散の問題は解消され、SNS も活性化すると思いました。

でも、そうした CIA の SNS の柱のような位置づけだった Facebook が、無差別に投稿を削除するようになり、機能を失い始めたわけです。

かつてはあまり無かったフェイクの嘘ニュースや、非人道的な発言のヘイト・スピーチなどが拡散し、SNS が国家や組織によって、情報操作の場のようになってきた社会問題への対応として、投稿の内容を監視する必要が生じたものの、膨大な数の投稿をとうてい、すべて目視で処理するだけの人手はまかない切れないため、人工知能の AI を利用したところ、たくさんの反社会的な写真にまじって、「インスタント・ファミリー」の写真も削除されるわけです。

人工知能の AI は学習を重ねて、次第に賢くなってはいくでしょうが、再来年2020年の大統領選挙など世の中の大きな動きに向けて、ふるいの網目もまた次第に大きくなるでしょうから、誤作動と思われる投稿の一方的削除は当面、なくならないかもしれません。

いずれにしろ、そうした SNS の動向につき合っていくのはもう、まったく時間の無駄だと思います。また、情報の汚染が深刻化する SNS とは一線を引く時がやって来たのかもしれないとも思います。

なので、Facebook のヘッダーのイメージは固定して、当面もう変えない。Facebook のタイムライン上に直接にコンテンツを投稿した方が、フォロワーの方にとってはクリックで移動をせずに簡単に目にすることができるので、便利なのは重々わかってはいますが、一方的に削除されてしまう可能性が現時点では極めて高いので、記事へのリンク以外の投稿はもう控えさせて頂きます。また、Facebook が記事へのリンクをも拒否した場合は、工夫を凝らして再投稿を試みるのではなく、もう単に広報を諦めます。その場合、Facebook の利用者の方は更新を知ることができませんが、仕方がありません。


その代わりに、CIA の更新を集約して、すべて確実に知ることが出来る場所として、また、これまでは SNS に投稿していた余分のコンテンツを補う場所として、この Extra を作りましたから、Facebook を現在ご利用の方のみならず、もう無くなる運命の Google + のご利用者の方や、SNS はもう疲れた…SNS をやめたい…などと思っている方々のうち、それでも CIA の更新は逃さず、知りたいと望んでくださる方は、この Extra をブックマークしておいたり、Bloglovin’ を通じて、Extra 更新メールの配信を受けるなどの対応をとって頂ければと願います。

Follow

ご不便をおかけしますが、CIA としては、Facebook の AI の事情はどうすることも手出し出来ないことをご理解頂きたく、お願い申し上げます。(Billy)

  • Share:

You Might Also Like

0 comments